接骨院の独立開業|最近話題のまつげエクステサロンを開業するメリット

接骨院の独立開業

治療

資金繰りに注意

柔道整復師の資格があれば、接骨院や整骨院に勤務できるだけでなく、独立開業を目指すことも容易です。ただし独立するとなると、接骨の技術だけでは解決できない問題がいろいろ発生します。たとえば保険適用の場合の診療報酬は、請求してから入金されるまでに3か月以上かかるのが普通です。その間の資金繰りを考えておかないと、開業後の経営が苦しくなるので注意が必要です。レセプトの作成そのものも面倒な作業であり、記入にミスがあると最初からやり直しになってしまいます。事務作業ばかりに手間を取られ、施術の時間が削られると、サービスの低下に繋がり、さらに経営を圧迫することにもなりかねません。こうした事務を代行してくれるのが接骨師会です。

レセプトチェックを代行

柔道整復師の開業や経営、研修などを支援する組織が接骨師会で、全国各地に幾つもの団体があります。接骨師会に所属すればレセプトの作成やチェックを依頼でき、煩雑な事務作業の負担を軽減できます。その時間を施術や研修に回せば、患者さんの満足度を向上させられるでしょう。また所定の手数料を支払うことにより、診療報酬を早期に受け取ることもできます。資金繰りに合わせて柔軟に入金日を選べることから人気になっています。研修やセミナーなどの制度があることも接骨師会のメリットです。新技術や法改正などに関する情報を、自分ひとりで集めるのは大変です。しかし接骨師会に所属していれば、適切なタイミングで適切な情報を入手できます。